読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリンラガービール

最近気づいたのだけれど、キリンラガービール、すごくいい。

数年前は、日本のビールとか味が薄すぎてこんなものは酒じゃないみたいに馬鹿にしていて、日本酒ばかり飲んでいた(好きな銘柄は菊姫の「鶴乃里」)。

ところが、去年の研究室旅行の飲み会で吐いてしまって、初対面の先輩方に介抱して貰うという失態を犯してしまい、それ以来酒をあまり飲まなくなった。

でもまあ、ビールなら軽くていいじゃないということで、またクラフトビールしか飲まないという通気取りを発揮して、

ケストリッツァーうめー、さすがゲーテの愛したビールじゃ。とか、そういう感じだったのだけれど、最近キリンラガービールを飲む機会があって、はまった。

これはいい。すっきりとした飲み口でぐいぐいイケるし、しっかりとした苦味もある。一缶飲んだら気持ち良く酔えて最高にハイな気分だ。がっつり飲みたいときはロング缶という選択肢もある。

どうして、こんなにいいものの価値に私は気づいていなかったのだろうか。